「ちば」でいきる ちばで「いえ」をたてる シンプル×男前÷2の家を建ててダイエットするブログ

【レビュー】トレッティオグラードのモデルハウスを訪問してみた|ハルクホーム

トレッティオというシリーズの規格住宅があります。

既に家を建ててしまっている私ですが、「建てる」と決めた当時には近くで見学できる所が無くカタログなどでしか見ることができませんでした。

今回私達が家を建てる際にお願いしたハルクホームさんでモデルハウス?を建てたという事で、見学出来る機会があったため見にいってきました。

写真禁止って事でしたが、他の方が写らない事を条件に了解得られたので写真も撮らせてもらえました。

個人的に「思ったこと」も入ってきますが、やんわりと見てください。

何かの参考になれば幸いです。

初めにトレッティオについてまとめてみます。

  • トレッティオとトレッティオグラードという2種類ある
  • コンセプトは30歳からの家づくり
  • 北欧・ナチュラルテイスト
  • カーテンやテーブル等の家具照明が厳選されており、色々選ぶ事ができる
  • 従って、後でボディブローのように効いてくるカーテン代などが既に含まれる
  • スーパーウォール工法で作られる
  • モデルハウスはなんかオシャレ
  • このモデルハウスと同じような仕様で建てると大体2700万位で、もう少し安いタイプもあるとの話(選択肢有)

>>トレッティオ公式はこちらへ

>>トレッティオグラード公式はこちらへ

始めに トレッティオの評判やレビューが少ない 

私たちがモデルハウスを探していた時もそうだったんですが、ネット上を探しても実際に建てた方や検討している方などの評判や評価、レビュー等は殆どありませんでした。

あるのは施工業者の紹介だけ。中々ユーザーの生の情報が少ないです。

今回中を見させてもらえたので、そういう意味でもこの記事を書いてみます。

トレッティオ自体が長い目で将来を見据えて設計されているようなので、「自分が高齢になっていった時」そういった目線でみるのもポイントかもしれません。

トレッティオグラードの外観

ではいきます。

今回見たのはトレッティオグラードです。

参考までに「普通」のトレッティオはこんな感じ。

ゼロキューブ系の四角い感じですね。

で、グラードになるとこんな感じ。ガルバリウムの外壁も上下で色を選べるようです。公式HPを確認すると吹付塗装の文字も。

トレッティオの外観

外観‐色は変更可能

赤の外観と聞いていた時は「赤・・・」と思いましたが、意外に馴染んでいたのが印象的でした。
自分ではきっと選ばない色なので一度みる価値があるかもしれません。
植えられている植栽なんかもプロが選んだものがあるので悩む必要なし。

 

ちなみにこっち↓は公式から借りた外観。こっちはシンプルで印象がまた違う。

玄関はシンプル

玄関

玄関はシンプルな感じで個人的に好きです。

 

入ってすぐ右側にはブラックな靴箱があります。

これだけあれば4人くらいまでは大丈夫かな?ちなみこの靴箱の奥は畳が敷いてあり3畳?4畳?くらいの和室になっていました。

3畳だったか4畳だったか忘れたものの、「何か」ちょっとしたスペースですね。

この和室スペース何に使えるかなー?と考えました。

とりあえずゴロゴロかな?でも玄関のスペースの横だからドア開けたら風が来るかなーとか。

子供が小さければおもちゃ置いて遊ばせるスペースとしたり、来客が来たら寝てもらうスペースかなー?

まあ好きに使えばいいですね。今の私ならダンベルとか置き始めて怒られそうなスペースです。

リビング

TVボード側からキッチンに向けての写真がこちら。

リビングはキッチンいれて18畳くらいと言っていたような。(違ってたらすみませんw)

写真のソファやテーブルなんかも始めから費用に含まれていて、ナチュラル風かビンテージ風かとか選べたりする模様。

ちなみに我が家はキッチンいれて21畳のリビングなんですが、4人でも余裕を感じています。

玄関側よりキッチン側の写真

我が家のリビング

建てる時は広ければ広い程いいと考えていたけど、住んでみてから考えると18畳あれば十分だしちょうどいいのかも。

テーブルがあって、ソファーがあれば大体そのどちらかの周辺にいるので、広すぎず狭すぎずな感じですね。

 

TVボードも初めからおしゃれなのがついてます。

TVボード これも選べる

キッチン

メーカーは見ていませんでしたが、リクシルだと思います。

人工大理石の天板かなー。シンクは写真撮り忘れました。いま見直すとIHなんですね。

IH派かガス派別れますよね。ここって例えばガスが良ければ変更できるのかな?

個人的にはガス派なので気になる人は確認したほうがいいポイントの一つですね。

 

こっちは収納です。収納の中の写真はありませんが、一番下も引き出しになっておりしっかり使えました。

キッチンの床までリビングから続くフローリングです。ちょっとだけ、油汚れが染み込まないのか気になります。

 

キッチンの背面はブラックな収納?、パントリー?になっていました。引き戸での収納なので、しっかり隠せる&スタイリッシュな感じ。

洗面台とお風呂

シンプルで好きな感じでした。鏡は三面鏡かな?

洗面台の下には物を入れるスペースが無く、写真右側に収納する感じです。

 

奥を見ると、左側がお風呂で右側がランドリースペース。

 

ちなみに風呂はまさかのガラス張り!!!!

ガラス張りはちょっと・・・・

って話してたら、

「ガラス張りじゃなくもできます」って言ってくれました。安心ですw。

ちなみに、脱衣所側から鍵をかけられるようになっているので、年頃の娘さんとかがいてもガラス張りでも大丈夫っちゃ大丈夫そうな作りです。

個人的にはガラスは「なんとなく」嫌ですが w

 

階段を上がり2階へ

無垢板の階段

木材が何かまでは聞いてないけど、無垢材の階段を上がっていきます。手すりがブラックというのが好き。

 

階段を上がると中2階がありました。スキップフロアというのかな?

上の写真は2階に上がりきった所から撮った写真ですが、緑色のカーペットの所が中2階になっててちょっと「何か」ができるスペースになっていました。

写真がなかったので公式より写真お借りしましたが、こういう感じです↓

トレッティオ公式HPより写真お借りしました

自宅のちょっとした筋トレ部屋や子供がちょっとあそべるスペースとかかなー。でも小さい子だと手摺の部分の隙間が多いからネットを張るなりしないと怖いなと感じた部分でした。

なぜかスキップフロアの窓の写真は撮っていたので、窓はこんな感じ↑

 

将来的に2つに分けられるよう作られた子供部屋

2階に上がると、子供部屋と寝室があり、子供部屋は将来的に2つに分けられるよう作られていました。

左右対称に作られており、ロフトがあります。子供はロフトすきだよねー笑。

子供が何度も昇りたがりました。このロフトはオプションのようなので、いらない人には費用を削るポイントになりそうです。

 

ちなみにロフトの下にはちょっとした遊ぶスペースなんかもあり、

話を聞いている間、小さな子であれば少しくらい遊んでくれてるのでしっかり話も聞けそう。

 

子供部屋の全体像はこんな感じ。天井が屋根に沿ってつくられているのか広く感じられます。

 

仮に将来2つの部屋に区切った時は5畳くらいの部屋になるようです(確か)

 

↓の写真の窓の外には、外側で日射を防げる電動のシャッター?がついていました。

もちろん完全に開閉も出来るし、太陽の向きとかに合わせて羽根の向きを変えながら通風や明かりも取れるようです。

この設備家を建てる時考えていたものの、結構高くて断念したやつ。。。

 

寝室はシンプル

寝室は淡いグリーンみたいな壁紙に、床はタイルカーペットの作りで、意外にタイルカーペットも悪くないなと思った部分です。

いくら高断熱だからって冷えないわけではないし、寝る部屋の底冷えを防ぐのにもいいのかなーと。

 

窓側はこんな感じ

窓の下の段差は収納にもなっているようで、ベランダ側とつながりを感じさせる作りです。

なんかおっしゃれーです。自分でこういうイメージを伝えるとしたら難しいので「いつか」の参考にしたいです 笑。

 

窓の反対側が収納になっていました。ウォークインクローゼットです。

どんな感じかは忘れました・・・。すみません。。。奥にうっすらシャツがかけられています。

そんな感じでした 笑。

と、まあ写真はこんな所です。

トレッティオグラードを見てのまとめ

こちらのモデルハウス仕様が2700万台との事で、正直な所考えてしまう価格帯には感じてしまった部分ではあります。

ただし、断熱や気密にこだわる方でも、スーパーウォール工法ならC値は最低でも1以下が標準で求められている性能だし、こちらのモデルハウスでは100mmの硬質ウレタンパネルが使われており、今は付加断熱として更に性能を上げる事も出来ると話していました。

高性能断熱材

耐震等級も3と言っていたと思うし、最近の日本では何があるかわからないので「3」が必須だと思います。

ちなみに我が家の気密測定ではC値0.25でした。

関連リンク>>【気密測定】スーパーウォール工法 ハルクホームさんの場合

価格帯はややネックな部分ですが、「シンプル」「北欧」などのテイストが好きな方であれば一度見てみる価値ありだと思います。

間取りを一から考えていくのは結構大変だし、家づくりの際に後でこうしておけば良かったと失敗する部分です。

家が出来上がってきて、「ソファやテーブル」「照明」「カーテン」も地味に費用がかさんでくる部分です。

考え抜かれた間取りに、こうした費用も含まれていると考えると、実質価格はもう少し下がるのかなー。

あとは、やはりどこがオプションで、どこのグレードを下げてなどご自身で相談しながら価格の調整ができれば一番ですね。

見に行けるトレッティオがある所は少ないです。こちらを建てたハルクホームさんでは定期的に見学会なども開かれたりする模様ですし、検討しているようであれば相談すれば見せてもらう事もできるかと思います。

あとは、同じトレッティオでも施工業者によって気密などの性能が変わるかと思うので、信頼できる工務店さんを見つけるのが大事になるかと。

気になっている方は「とりあえず」でも連絡をとってみるのも良いかと思います。。

ちなみにハルクホームさんに我が家も建ててもらったんですが、アフターなどもしっかりしていますよ 笑。

■住所
〒273-0122 千葉県鎌ヶ谷市東初富4-36-5 1F

■電話番号 0120‐869‐406

■受付時間 9:00~18:00
■定休日:水曜日 / 第1・3火曜日 / 祝祭日

ちなみに建ててもらった我が家はこんな感じ↓↓↓

WEB内覧会|自然素材の木を多く使った21畳のリビング

WEB内覧会|トイレから2階の子供部屋と寝室まで シンプルにまとめました

WEB内覧会 洗面所と浴室|こだわりは洗面所の照明や収納  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください