「ちば」で生きる「いえ」を建てる シンプル・節約・DIY・生活に関するブログ

注文住宅の予算を簡単に210万増やした方法|まず固定費や保険を見直す

物を買うにはお金がかかります。

当たり前です。

家を買うのも建てるのもお金がかかります。

当たり前です。

でも家を建てると決めた時、

自分がいくらまで住宅ローンを組めるのか?いくらまでなら支払いができるのか?と考えますよね?

ここでは私達が最終的にどう判断して予算を考え、予算を増やしたか書きたいと思います。

注文住宅の予算はどうやって決めるのか?住宅ローンは年収や比較が大変?

注文住宅を購入しようと考える時、おそらく大半の人はまずネットで検索をしてみると思います。

「年収+住宅ローン 」とか、「住宅ローン+年収の何倍」とか、「注文住宅+年収」とか様々な条件で検索をかけます。

そうすると出てくるのが、

「住宅の予算は年収の7倍までですよ」とか、

「年収の5倍までが安全ですよ」とか

「いやいや今の家賃までは大丈夫」とか、

色んな情報がでてきます。

よくよくみると、ヤフー知恵袋の回答とかも多いはずです。

それだけみんな悩む事ですが、

大事なのは回答してる人も素人が多いって事。

私たちも一体幾らまでなら住宅ローンが組めるのか?という事について夜な夜な悩みました。そして、布団に入り住宅ローンについて調べながら眠りに落ちていく事もありました。

FPなどお金のプロに話を聞く

その時の自分にもあなたにも言いたいのは、「プロの人の意見に絞った方がいい・プロの話を聞いた方がいい」ということ。

昇進や昇給の予定、払っている保険の見直し、趣味の有無、アルコールやたばこなどの嗜好品を嗜むか、将来的な車や子供の学校の希望などプロにライフプランをお願いすると目に見えて将来必要な金額が見えてきます。そうするとどの程度住宅ローンを組めるかというのも数字として出てきます。

私たちも始めは年収が400万台だから、7倍だとして2800万円位は大丈夫かな?

いやいや、手取り年収だともっと下がるぞ。じゃあとりあえず2400万くらいでさがそうか?

みたいなやり取りがあり、工務店やHMを回り始めました。

そこで気づいた事は、、、、、

予算が足りないってことでした。

貯金なし、土地なしなので、土地からの購入になります。

住んでいる地域の土地の相場を知るはずもなく、40坪位の土地で500万位で土地をかって、残り1900万で家を建てよう。

って本気で思っていました。

たぶん工務店の人も心で苦笑いしてたはずです。

だって、私が住んでいる千葉の北西部地区に

40坪500万の土地なんてありませんからーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

がっかりする少年

やっちまいました。

住んでいる地域で500万の土地があったとしたら、ガス、水道は通ってなく電気のみ。さらに駅から大分離れたあぜ道を進んだ先とか、もう行く途中で「ここは無理」って思う場所しかありません。

「あっ ここすげー安い」と思って見てみると、建築条件で家を建てられない場所だったりそんな感じでした。

土地探しはまた別の記事にしますが、とりあえず予算が絶対的に足りないということに気づきました。

もちろん建売であれば想定していた予算でもあるのですが、私も妻も注文住宅がいいと決めていたので正直夜な夜な悶えていたのでした。

そこで工務店さんに紹介されたFPさんにライフプランを作成してもらい、建築費用として住宅ローンをいくらにするか決める事ができました。お金の見えるか大事です。

強いて言うのなら、工務店やハウスメーカー経由では無く「自分で依頼」した方がいいです。その方が身になります。

注文住宅を建てたいが頭金も無い 予算も足りない

じゃあどうするのか?

もちろんネットで調べます。

注文住宅を安く建てられないか調べる。

調べると、規格住宅というジャンルがあるじゃないですか

ある程度の規格が決まっている代わりに、込み込み1900万円台とか、さらには1000万円からの注文住宅とか、「探せばあるじゃんと心踊ります。

目の前が一気に開けた感じでした。街が輝いてみえました。でも最終的に私たちはローコストではない注文住宅を建てました。

注文住宅はピンからキリまで価格帯がありますが、色々調べたり話を聞いていく中でで「設計してくれる人と距離が近い」「依頼した工務店が信頼できる」という事に重点を置き依頼しました。

関連カテゴリ>>カテゴリ「工務店・ハウスメーカー探し」はこちらにどうぞ。

もう一つは

シンプルに予算をふやす。

じゃあどうやって増やすのか?

予算を増やす スマホや保険料等、固定費を見なおそう

考えたのはまず固定費を落とすこと。

ここで落とせるかな?とかんじたのは携帯代とネット代でした。

当時、携帯はauのiphone6を使っており、割賦払いが数ヶ月残っていました。ひと月あたり約9000円位の支払いです。

ここを下げたい。

「でも電話しかできないガラケーはいやだ。スマホで情報収集もしたいし。」

そうなると、格安simを使ったスマホと携帯の2台もちです。

格安SIMに変更したことで月々のスマホ代は約1000円になり、ガラケーを電話とメール専用にする事で月々のガラケー代も1000円位になりました。

二つ合わせても2000円。

割賦払いが終わったスマホを維持しても毎月4000円から5000円はかかるだろうから、2〜3000円は浮く計算になります。

これは妻も変更したので、2人で月々5000円程浮いたことになります。

月々5000円でも12ヶ月で60000円、これが35年ローンなら210万円。

これだけで予算が210万増えたことになります。

そう考えるとすごくないですか?

もちろん、そううまく予算に回るわけじゃないとしても、子供にかけられるお金や予備費を増やす事はできました。

今はスマホ代も簡単に削れるのでサクッと変えちゃいましょう

月に1GBも使わない、20GBあれば十分、留守電は必要、どれかに当てはまるのであれば個人的には楽天モバイルが安くておススメです。

プラン変更

画像引用:楽天モバイル公式サイト

ネット代に関しては、あまり削れる余地がなかったのでここでは省きますが、生命保険に入っていて、長年見直しをしていない人も見直しをお勧めします。

あと必要のない保険を削る事で予算が増える可能性が携帯代以上に大きいです。

ですが、生命保険に関しても、住宅の予算に関しても、自分で全て考えるのには時間と根気がいります。

そこで私は言いたい。

お金の事はFP(ファイナンシャルプランナー)のようなお金のプロを活用しましょう。

頭がよさそうな人達

例えば400万の年収の人が2人いたとします。

1人はお金がかかる趣味をもっています。

もう1人は趣味は無く、TVをみるのが大好き。

この違いだけでも家にかけられるお金はかわりますよね?

FPに相談することで、あなたの月々の生活費や今後のライフプランから具体的な提案をしてもらえます。

自分で調べればできることでも、膨大な時間が必要になる事もあります。

フリーのFPだと数万円〜の費用がかかることも多いようですが、それ以上の効果が見込めますし、客観的な意見は非常に参考になります。

ちなみに私たちは自分達が思っていた予算より最終的に約1000万程ふえました 

まとめ

スマホ代は比較的簡単に削る事ができます。保険はプロに相談し少しでも予算をふやそう。

住宅ローンを組むってことは「借金」をするわけですが、長い付き合いになるものです。今後の人生にかかってくるお金に関する事を見えるかするためにもプロにお願いするのがいいと思いますよって話でした

 

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 工務店(施主)へ
押して頂けると大変喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください